新着記事

革新コース70期生- 株式会社城美彩 城間正一郎さん

城間

創新塾への入塾前の23年3月11日東日本大震災から始まり、会社内の切り盛りと毎日に苦戦している中の入塾でしたので、とても不可能だと断念を考え、凄く悩みました。

時間の経過とともに、少しずつ仕事も段がとれるようになったので入塾を決意しました。

最初は、内容に対して何をやっているのか、上の空の時も正直ありましたが、塾長の熱意ある話に、納得し頑張れるようになりました。

そしてビジョン、理念、理行の勉強は会社経営にとってどれだけ大切かを学び、実感しています。数字が苦手な私ですが、経営に不可欠な決算書の見方、黒字バランスを少しずつですが身につけることが出来ました。会社経営にとって、まず代表者である私自身の意識改革出来たことについては、入塾した成果であります。もうひとつの成果は、一年を振り返りAIC会議での仲間との活発な意見交換、100年企業探究でのインタビューからの学びで教えてもらった革新と創造だと思いました。

日々の仕事に追われながらも、会社の社会的責任と存続を肝に銘じ、ますます仕事に経営に一生懸命頑張っていきたいと強く思います。最後に70期の皆さんとは、業種も年齢もばらばらですが同じ期で学んだ同志として、戦友としてこれからも変わらぬ付き合いをお願いします。この時期に一緒に学んだ仲間である皆さんは、私にとっての宝です。

最後になりますが、塾長、斎藤社長、事務局の皆さん本当にお世話になりました。

関連記事

セミナー情報

  1. 本セミナーは新型コロナウイルスの感染拡大に鑑み、開催を中止とさせていただくこととなりました。
  2. 働く女性
    担当講師 株式会社創新ワールド 倉橋 綾子(株)小田急ランドフローラに入社。
  3. より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...

塾生インタビュー

  1. 吉本
    入塾の6月から講義を受けた時期は、当社の9期が丁度、始まった月と重なり営業計画がスタートしたばかりの...
  2. 今村
    創新塾での15ヶ月間は、今後の経営に大いに役立てたいことばかりです。
  3. 杉山
    「創新塾」初めて聞いた言葉に私には関係ないことだと気持ち的に少し拒否をしていました。