新着記事

中堅幹部コース49期生- 株式会社ネットワーク 酒井 瑞穂さん

創新塾中堅幹部コース全カリキュラムを通じての気づき

組織を引っ張っていくためには、立ち止まらずに常に決断していくことが大事であると感じました。
何が足りていないか、何をする必要があるかを分析し、限られた時間の中でどれを実行すべきかを自分できめなければなりません。
そして、その決断をするための材料として他の人の意見を聞くことの大事さも感じました。
創新塾での毎回の討議ではそれぞれ異なるバックグラウンドを持つ皆さんから自分では思いつかないような意見を聞くことができ、参考になることも多くありました。
現在、自社のタスクでもまず周囲の意見を聞くようにし、お陰で自分では見えていなかった課題に気づくこともありました。

自分自身にとって特に良かったこと(成果として表れたこと など)

周りの人に仕事を任せる。周りの人を巻き込んで物事を進めるという習慣がついた事が特に良かったと感じています。
以前は人に任せることに対してどこか不安や罪悪感を覚えていましたが、自社のタスクや業務において意識的にタスクを分担するように行動を変えた結果、自分の負担も軽減され、また他のメンバー達に当事者意識を持たせるという意味でも良い取り組みとなりました。
自分が直接みなくなった事によって、情報が正確に伝わってこなかったり、意図と違う成果物が上がってきたりと課題はまだあり、今後そういった管理の部分を改善していきたいと思います。

自分自身にとっての新たな反省点(未達成の目標 など)

数字の管理の面では、今期から自部門の予算を立てられるようにと考えて目標を掲げていましたが、現状として今期は自分では予算を立てることはできませんでした。
今期のうちに、自部門の実績の推移をよく観察、分析して、数字感を掴めるようになりたいと考えています。

同期生へのメッセージ

業種、職種の異なる皆さんとの交流はとても貴重な時間でした。
普段身を置いている環境が違うからこそ、皆さんと会話していると新たな発見が多くあり、課題解決の参考になることがたくさんありました。
同年代でありながら、責任ある役職に就かれ、ご自身の日々の業務でご多忙な中、さらに所属されている会社の発展のために尽力されている皆さんの姿には勇気をもらい、自分も頑張ろうと思えました。
皆さんと一緒に創新塾で学べた事に感謝しております。
ありがとうございました。
これからもお互い頑張っていきましょう。

関連記事

セミナー情報

  1. 本セミナーは新型コロナウイルスの感染拡大に鑑み、開催を中止とさせていただくこととなりました。
  2. 働く女性
    担当講師 株式会社創新ワールド 倉橋 綾子(株)小田急ランドフローラに入社。
  3. より早く!より正しく!成果につながる会社の数字~全員参加・経営視点を生み出す管理会計~...

塾生インタビュー

  1. 松尾
    創新塾で得たことは次の3つ。
  2. 橋本
    15ヶ月間の間、経営者としての大切な事を大変多く学ぶ事が出来ました。
  3. 緒方
    今からちょうど4年前の今頃、父の会社を継ぎました。